流量計でMagic測定~特殊な性能で効率アップアップ~

作業員

魚を見つける為に

魚群探知機の種類と値段について

魚群探知機は、超音波を利用し水中の魚群を調べるという装置です。 仕組みは、超音波を水中に向けて発信し、その超音波が物体に当たり反射された超音波を拾い上げて、その存在の有無を確かめるというものです。これにより肉眼で確認できない水中の魚の存在を確認することができ漁を行ったり魚を釣ったりするための情報として活用することができます。 魚群探知機の種類としては大型漁船に搭載するような高性能なものから、ゴムボートで使用するレジャー用のものまであります。 特に近年はレジャー用魚群探知機が安価で販売されており、一般人にも使われています。レジャー用の魚群探知機では、もっとも安価なものでは1万円を切るものもあり、気軽に利用することができます。

利用するメリットについて

魚群探知機を利用するメリットは水中に存在する魚を確認することができるという点です。このため漁場やポイントを探す時間を節約することができ、また移動に必要な燃料の消費を抑えることが可能です。 しかし、魚群探知機といってもさまざまな種類があり、機種によって用途が異なってきます。例えば、堤防釣りやイカダ用の魚群探知は簡易なもので乾電池式で使い勝手の良いものですが調べられる深度は限られます。またバスフィッシング用で出力が50Wから300Wのものが使用されますが、その電源には専用のバッテリーが必要になります。また本格的な海釣り用のものでは300Wから1KWと高性能なものが必要になりますが、より広い範囲を調べることが可能です。